記事一覧

原宿「ギャップ」跡地に「アットコスメストア」

ファイル 8-1.jpg

コスメセレクトショップ「アットコスメストア」を運営するアイスタイルグループのコスメネクストは5月10日、同社初の路面旗艦店「アットコスメ トーキョー」を年内に出店すると発表した。場所は5月7日をもって閉店した「ギャップフラッグシップ原宿」の建物で、全3フロア約1300平方メートルで展開。“新体験フラッグシップショップ”として過去最大のラインアップとなる。

 クチコミ美容サイトから派生した「アットコスメストア」は、2007年に1号店をオープン。サイトのさまざまなコンテンツやデータベースを活用したマーチャンダイジングや店舗企画、店舗運営が特徴で、現在はルミネエスト新宿店や渋谷マルイ店、ルクア大阪店など国内24店舗のほか、台湾や香港、タイなど海外にも10店舗を構えている。また、化粧品の販売チャネルの垣根を超えた“チャネル横断型店舗”として、18年からは百貨店ブランドの取り扱いも拡大している。

 原宿の旗艦店ではこれまで培った店舗運営をベースにしながら、新たなショッピング体験を提供。取り扱いブランド数や店舗の詳細は後日発表する。