記事一覧

オーマイグラスが渋谷に2店舗目の直営店オープン

ファイル 9-1.jpgファイル 9-2.jpgファイル 9-3.jpgファイル 9-4.jpg

眼鏡の通販サイトを手掛けるオーマイグラスは、商業施設の渋谷モディ(MODI)に直営店をオープンした。渋谷エリアでは、1号店である渋谷ロフト店に次ぐ2店舗目。店舗面積は約35平方メートルで、ハウスブランドの「オーマイグラス東京(OH MY GLASSES TOKYO)」「タイプ(TYPE)」「ペイジ(PAGE)」の他、「ドゥアン(DUN)」「サバエ オプト(SABAE・OPT)」などの福井県鯖江製のブランドまで幅広く販売している。

 清川忠康オーマイグラス社長は出店の狙いについて、「売り上げの中心である首都圏の強化。そして現在の中心顧客層である30~40代のビジネスマンに加えて、女性客を増やすことが目的だ」と話した。2月にミラノで開催された世界最大の眼鏡国際展「ミド(MIDO)」など近年は海外展にも積極的に参加し、ハウスブランドは認知度を高めている。

 オーマイグラスの直営店は11店舗目となり、5月は岡山駅前のショッピングセンターICOTNICOT(イコットニコット)内のTSUTAYA BOOKSTORE 岡山駅前の一角にオープンする予定だ。オムニチャネル強化の一環として実店舗数も拡大している。

原宿「ギャップ」跡地に「アットコスメストア」

ファイル 8-1.jpg

コスメセレクトショップ「アットコスメストア」を運営するアイスタイルグループのコスメネクストは5月10日、同社初の路面旗艦店「アットコスメ トーキョー」を年内に出店すると発表した。場所は5月7日をもって閉店した「ギャップフラッグシップ原宿」の建物で、全3フロア約1300平方メートルで展開。“新体験フラッグシップショップ”として過去最大のラインアップとなる。

 クチコミ美容サイトから派生した「アットコスメストア」は、2007年に1号店をオープン。サイトのさまざまなコンテンツやデータベースを活用したマーチャンダイジングや店舗企画、店舗運営が特徴で、現在はルミネエスト新宿店や渋谷マルイ店、ルクア大阪店など国内24店舗のほか、台湾や香港、タイなど海外にも10店舗を構えている。また、化粧品の販売チャネルの垣根を超えた“チャネル横断型店舗”として、18年からは百貨店ブランドの取り扱いも拡大している。

 原宿の旗艦店ではこれまで培った店舗運営をベースにしながら、新たなショッピング体験を提供。取り扱いブランド数や店舗の詳細は後日発表する。

「ホカ オネオネ」のリカバリーサンダルが進化機能性向上させ新カラーで提案

ファイル 7-1.jpgファイル 7-2.jpgファイル 7-3.jpgファイル 7-4.jpg

ランニングシューズブランド「ホカ オネオネ(HOKA ONE ONE)」は、足の疲れを和らげるリカバリーサンダル「オラ リカバリー(ORA RECOVERY)」シリーズから2型をアップデートして3月1日に発売する。“オラ リカバリー スライド”と“オラ リカバリー フリップ”をリデザインし、新たなカラーバリエーションで提案する。価格は各8000円。公式オンラインストアや全国のスポーツ専門店、一部セレクトショップで取り扱う。

 切り込みや溝といった従来のデザイン要素は継承しつつ、よりフィット感のあるアッパーを採用。“オラ リカバリー フリップ”のストラップ部分にはジャージー素材を用いて、肌への負担を軽減させた。一方で、分厚いミッドソールやスムーズな歩行を促すゆりかご型のソールなど、同ブランドの特徴的なディテールも健在だ。メンズはブルー、グレー、ブラックの3色、ウィメンズはブルー、オレンジ、ブラックの3色を用意する。

トップ ニュース “シャンプーはサロンでする”のが新定番? 月2万5000円で人気サロンに毎日通える「メゾン」の新プランが誕生 前の記事 ニュース 次の記事 “シャンプーはサロンでする”のが新定番? 月2万5000円で人気サロンに毎日通える「メゾン」の新プランが誕生

ファイル 6-1.jpg

人気美容室に定額で通えるアプリ「メゾン(MEZON)」は、より気軽に多くの人に施術が受けられる3つのプランを11月30日に追加した。「メゾン」は提携する美容室であれば、その日の予定に合わせてどこでもシャンプー・ブロー(アイロンセット込み)が受けられる月定額制のサービスとして2月にスタートした。

 新プランは“シャンプー・ブロー通い放題(全日)”が月2万5000円、“シャンプー・ブロー通い放題(平日)”が月1万6000円、毎日通えて「メゾン」が提供している全メニューから毎回サービスを選べる“全メニュー通い放題”が月3万5000円となっている。これまでもシャンプー・ブロー通い放題のプランはベータ版(ブラックブラン)として提供しており、全日が3万5000円、平日のみが2万1800円だった。今回、値下げしたことでより多くの利用者獲得を狙う。

 「メゾン」の利用者には、小学生以上の子どもを持ついそがしいワーキングマザーの“時短”を目的とした利用が増えている。仕事帰りに近くの美容室でシャンプーをしてもらってリラックスしたり、イベント前に立ち寄ってヘアセットをしてもらったりと、隙間時間を有効活用できるのが魅力だという。

 現在は関東を中心に人気サロン「アフロート(AFLOAT)」や「ガーデン(GARDEN)」「エアー(air)」など提携美容室は約70店で、来年からは関西、名古屋、沖縄にもサービスエリアを拡大していく予定だ。

三喜商事とナイツブリッジが新たにスタート 独トップブランド「マーク・ケイン」の魅力に迫る

ファイル 5-1.jpgファイル 5-2.jpgファイル 5-3.jpg

ナイツブリッジ・インターナショナルは、ドイツ発のウィメンズブランド「マーク・ケイン」の独占輸入販売を2019年春夏コレクションからスタートした。銀座に新たにオープンする旗艦店を拠点に、百貨店やSC、三喜商事による卸などで30 ~ 50代の女性たちのライフスタイルに寄り添うハイエンドな普段着を提案する。2020年のオリンピックイヤーに向けて、ドイツブランドとしての認知度を高める事も兼ね大々的に打ち出していく予定だ。そんなブランドの生い立ちやアイテムの特徴、そして3月1日にオープンした銀座旗艦店のポイントから“ドイツNO.1のファッションブランド”との呼び声が高い同ブランドの魅力を探る。

 「マーク・ケイン」は現在、年2回のベルリン・コレクションでショーを行うドイツ発のプレミアム・ブランドだ。同ブランドのアイデンティティーとも言えるレオパードプリントは、時代と共にさまざまな形で解釈されながら、ウエアから小物まで多様なアイテムに施されている。そのファッション性とドイツらしいテクノロジーに裏付けられたクオリティー、素材が評価され、ヨーロッパを中心に世界50カ国以上で展開するドイツトップクラスのブランドに成長。メイン・コレクションの他にもレジャー向けウエアの“スポーツ”やシックな色合いながら上質な素材を使った“エッセンシャルズ”、シーズンテーマからは独立し、ワードローブを補完するための“アディションズ”、ヒョウの頭のシンボルがアイコンの“バッグ&シューズ”とバリエーション豊かなラインをそろえ、着る人のライフスタイルに寄り添う。

 「マーク・ケイン」は1973年にニットのファクトリーブランドからスタート。現在は南ドイツに最先端のテクノロジーを備えた自社工場を持ち、アイテムを生産している。ブランド規模は年々拡大し、81年のコレクションライン以降、99年に“スポーツ”、2012年に“エッセンシャルズ”、15年に“アディションズ”、そして16年に“バッグ&シューズ”と次々にラインを設立。ヨーロッパでは30~40代を中心に幅広い女性の顧客を持ち、売上高は約400億円を誇る。

「マーク・ケイン」銀座店のイメージ
 3月1日にオープンした銀座旗艦店の内装は、本国インテリア部門による設計。“WHITE IS THE SUM OF ALL COLORS(白は全ての色の総和である)”を企業概要に掲げているマーク・ケイン本社やショールームと同じく、世界中のショップは白を基調とした内装に統一されている。色やプリントのアイテム、本社から世界中に発信されるユニークなディスプレーが際立つ空間だ。店頭のVMDはデリバリーに合わせ、短い周期で変遷するため、ショップを訪れるたびに新しい発見があるはずだ。

アラン ミクリ ブティックのアニバーサリープロジェクトが始動

ファイル 4-1.jpgファイル 4-2.jpg

「アラン ミクリ ブティック 丸の内」の14周年、「アラン ミクリ ブティック 南青山」の19周年を記念したウィンドウディスプレイと限定カラー。

2店舗のアニバーサリーを記念して、イラストレーターのPrzemek SOBOCKI氏 によるウィンドウディスプレイが展開中。インテリア、ファッションでのデザイン経歴を持つPrzemek SOBOCKI氏のクリエーションは、おしゃれ感だけでなく、機能性も打ち出されている。
「ウィンドウデザインでは、大きなロゴではなく、ブランドのアイコンである“ブラック”と“レッド”、ダミエ柄を用い、オプティカル・イリュージョンやマグニファイングなどの視覚効果や光の反射などを表現しています。インパクトがありモダン、エレガントでクラシック、そして遊び心があるデザインです」とPrzemek SOBOCKI氏。
また、Przemek SOBOCKI氏 とのコラボレーションの中から生まれたアニバーサリープロジェクト限定カラーのメガネも発売中。

いつものファッションにプラスするだけで、ワンランク上のおしゃれが楽しめるアニバーサリープロジェクト限定カラーは、「アラン ミクリ ブティック 丸の内」、「アラン ミリ ブティック 南青山」で、各10本限定で販売。

さらに、丸の内店では6/1から、南青山店では7/1から、新たな各店の限定カラーのメガネが登場するから合わせてチェックして♪

耳元から春の芽吹きを感じさせるeteの新作コレクション

ファイル 3-1.jpgファイル 3-2.jpgファイル 3-3.jpg

eteから”In Bloom”をコンセプトとし、芽吹きをデザインに落とし込んだジュエリーコレクションが2/9よりリリース
イヤーカフ、リングの2Wayアイテム『リングカフ』は、今回新たに登場するアイテムとなっているのでチェックしてみて!
桜を連想させるピンクゴールドのループイヤリングに3種のチャームがセットになった”CHERRY BLOSSOM”が2/4より数量限定発売。
INFO

SPRING LIMITED "CHERRY BLOSSOM"
2月4日(月)より数量限定発売
¥18,000

ete 2019 SPRING COLLECTION
2月9日(土)より発売
RING CUFF ¥7,000〜¥18,000

世界初の処方で“絶対に焼けない”日焼け止め誕生

ファイル 2-1.jpg

花王は、“絶対に焼けない”世界初の日焼け止め処方を開発し、その新処方を採用したUVを「ビオレ(BIORE)」から2月9日に発売する。また、「ビオレUV」シリーズ最高クラスのUVカット効果を誇る新商品も同時に販売する。

 世界初の新処方“ミクロディフェンス処方”を採用したのは「ビオレUV アクアリッチ ウォータリーエッセンス」「ビオレUV アクアリッチ ウォータリージェル」(どちらも価格は950円前後を想定)の2種。同社の研究により、これまでの日焼け止めは、塗布時にミクロレベルの隙間が発生していたため、その隙間から紫外線が侵入して日焼けしていたことが分かった。また、ジェルタイプのUVは使用感が良いがUV防御剤の多量配合が難しく、ミルクタイプのUVはUV防御剤の多量配合は可能だが使用感はオイリーでべたつくという欠点があった。そこで、ウオーターベースの使い心地はそのままに独自製法で誕生した、UV防御剤を包み込んだ1万分の1ミリというサブミクロンサイズのカプセルを配合。このカプセルは汗や水にも落ちにくく肌に留まることができるため、素肌を負担なく紫外線から守ることを実現、“絶対に焼けない”日焼け止めが生まれた。

 また、高温多湿の環境でも日焼け止めが落ちにくい新シリーズ「ビオレUV アスリズム」も誕生する。ウオーターベースの「ビオレUV アスリズム スキンプロテクトエッセンス」(価格は1940円前後を想定)、オイルベースの「ビオレUV アスリズム スキンプロテクトミルク」(価格は1940円前後を想定)の2種をそろえ、汗や擦れに強い“タフブーストTech”技術を採用している(「ビオレUV アスリズム スキンプロテクトエッセンス」にはミクロディフェンス処方も採用)。いずれの日焼け止めもボディーソープで落とすことが可能。

 花王の塗谷弘太郎ビオレ事業部事業部長は、「当社は世界共通の商品設計コンセプトとして、素肌の上にもう1枚の肌を纏うという『アウタースキン発想』を掲げている。そしてこれらの日焼け止めはアウタースキン発想の第一弾商品。快適で隙間のないプロテクト膜で紫外線から素肌を守る、日焼け止めの革新だと捉えている。日焼け止め事業のグローバル化を加速させ、2025年をめどにグローバルでの日焼け止め市場でトップ3ブランドを目指していく」と意気込みを語った。

クリスマスにプレゼントしたい7つのアウトドアグッズ

ファイル 1-1.jpgファイル 1-2.jpgファイル 1-3.jpgファイル 1-4.jpgファイル 1-5.jpg

今年もクリスマスが近づいてきました。恋人やパートナーへのプレゼントはもうお考えですか? 毎年、何にしようかと頭を悩ませている人も多いのでは。そこで、もしもお相手がアウトドアに少しでも興味のある人なら、今年はアウトドアグッズはいかがでしょうか。もらって嬉しい、あげて喜ばれるアイテムを厳選しました。クリスマスにプレゼントしたいおすすめのアウトドアグッズをご紹介しましょう。
人気のアウトドアブランド、コロンビアのネックゲイター。肌触りが優しくて暖かなニット素材で首回りを温めてくれます。マフラーのようにかさばらないコンパクトサイズでも保温力は抜群。おしゃれのポイントになるマルチカラーで襟元を華やかに彩ります。男女兼用なので色違いでそろえてお相手と交換しながら使うのもありかも。
高品質なアウトドアギアで知られるモンベルのステンレスサーモボトル。真空二層構造で高い保温・保冷力があります。冬場なら95度のホットドリンクを入れて6時間後で80度。24時間後でも55度という十分な保温力。アウトドアだけでなく日常的にも使えるボトルです。無駄を省いたシンプルでおしゃれなデザインは贈る人のセンスの高さを感じさせてくれますよ。
マルチツールの世界的ブランド、ビクトリノックスの定番、トラベラー。ハサミ、ナイフ、栓抜き、缶切り、ドライバーなど15種類のツールがこれひとつに詰め込まれています。しかも、そのすべてが使いやすくて高性能。アウトドアで持っていてよかったと実感させられるアイテムです。もちろん、日常生活の中でもかなり使えますよ。プレゼントする相手がまだ持っていなければ絶対おすすめのひと品です。
フラッシュライトの定番、マグライトで最も小型のソリテール。LEDライトでとっても明るく、連続100時間以上も使用できます。キーホルダーになるので鍵と一緒に持ち歩くことも可能。マグライトならではの高い耐久性を誇っており、10年保証付きというのもその自信のあらわれでしょうか。アウトドアでも日常でも大活躍すること間違いなし。専用ギフトボックス入りなのでクリプレに最適です。
斬新でおしゃれな時計ブランド、ダコタのアウトドア仕様のカラビナウォッチ。ストップウォッチやアラーム機能がある時計の他にコンパス、温度計、ニッパー、LEDライトなどが付いているのでアウトドアで大活躍してくれます。カラビナでザックやベルトに装着してどこにでも持ち歩きたくなるアイテム。カモフラ柄の文字盤もおしゃれでプレゼントされたらテンション上がること請け合いです。
人気アウトドアブランド、スノーピークのスキットル。超軽量で高品質のチタン製で金属臭もなくお気に入りのお酒などをそのままアウトドアに持ち出すことができます。大自然の中でちょっといいお酒をゆっくりとたしなむ大人のアイテム。いつか欲しいけれどなかなか買えない、プレゼントされるととても嬉しくなる、お酒が好きな人にはうってつけの贈り物になることでしょう。
クリスマスプレゼントの候補はみつかりましたか? アウトドア好きなお相手ならどれも嬉しくなる物ばかりです。お相手の趣味やアウトドアライフに合わせてぜひベストなチョイスをして、今年のクリスマスを素敵なひと時にしてくださいね。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ